レーザー脱毛とその効果とは


レーザー脱毛は、レーザーを皮膚に照射させて毛や毛根部分にだけ効果を出すもので、繰り返しレーザーを照射していくことで脱毛部の毛、毛根、毛球部が破壊されて次第に毛がはえてこなくなると言う効果があります。
レーザー脱毛はきちんとした知識と技術を持っている医師のところで受ければ、副作用などの身体的な影響はあまりないので安心して受けることができます。
効果が出てくると永久脱毛ができたと思ってしまいがちですが、レーザー脱毛はまだ歴史が浅いため持続に関しては研究の途中でもあります。
永久脱毛ではないと言うことを理解して受けると言うことが大切です。
レーザー脱毛は永久脱毛でないとわかっても人気があるのは痛みなどのダメージが少なく、料金も比較的低くすむのに効果がみられるというのが理由です。
レーザー脱毛を受けるときには、まずしっかりと医師の指示を守って途中で投げ出さずに、毛のサイクルがありますからそれに適したスケジュールで最後まで続けることが大切です。
医療レーザー脱毛 大阪はこちら

レーザー脱毛の副作用はないのか

レーザー脱毛は、最近エステサロンなどで主流な脱毛方法です。
ムダ毛をカミソリや毛抜きなどでの自己処理ではとても肌に負担をかけてしまい、赤みが出てしまったり、埋もれ毛になってしまったり、黒ずみの原因ともなります。
これらの理由からレーザー脱毛に通う女性も多い反面、副作用はないのかと心配している人も多いのが現実です。
使用するレーザーは、赤外線虜域の安全な脱毛専用レーザーですので、人体に対する心配はありません。
正常な状態のお肌には全くダメージを与えることなく毛根組織を破壊するので、傷跡が残るなどの負担はありません。
全身脱毛があるので、産毛単位の毛にも可能です。
レーザー脱毛の副作用は健康なお肌の方にはほぼ負担の心配はいりませんが、強く日焼けをした方や自己処理で皮膚に赤みがでているなどの症状がある方には施術をすることはできません。
皮膚の状態が落ち着いて症状がなくなってから施術を受ける事をおすすめします。

レーザー脱毛が完了するまでの回数

レーザー脱毛は医療機器を用いた脱毛方法で、美容外科などの医療機関やこれらと提携しているエステサロンで受けられる施術の1つです。
基本的な仕組みとしてはメラニン色素に反応する波長のレーザーを皮膚へ照射する事で、毛穴の奥にある発毛組織へ熱を集中させ、ムダ毛の原因となっている細胞を破壊する方法となります。
その為、該当部位の肌が日焼けしている場合など色素が濃い状況では、施術を受けられない事に注意が必要です。
一般的なレーザー脱毛の施術回数は3回から多くて9回程度と言われており、脱毛部位や毛の濃さなどに応じて体感できるまでに必要な回数が異なります。
また、毛周期によって数ヶ月おきに脱毛できる毛穴が入れ替わる理由から、最低でも3回以上の施術を受けないと永久脱毛の効果は得られません。
レーザー脱毛は施術後に照射した部分が軽いやけど状態となる為、乾燥や炎症の悪化を防ぐ目的で各種ケアが行われます。
炎症が治まらないうちに強い紫外線を浴びてしまうと、シミや黒ずみなどの原因となる場合があり、十分な注意が必要です。