毛根に作用するレーザー脱毛


レーザー脱毛は、少ない痛みで永久脱毛を行うことができる方法として、近年医療脱毛の中心的存在となっています。
永久脱毛には毛根組織の破壊が必要ですが、毛穴に針を差し込んで電気を流すという手間のかかるプロセスを踏む必要なく、レーザー光を照射することで広範囲の毛根組織に一度にダメージを与えることができる点が大きなメリットです。
しかし、一度照射を行えばもうその部位にはムダ毛が生えてこないのかと言えば、そうではありません。
体毛には毛周期という成長サイクルがあり、それぞれの毛根が成長期、退行期、休止期といったサイクルを繰り返しています。
レーザー脱毛で破壊できるのは、この中の成長期にある毛根だけである為、脱毛箇所の全ての毛根を破壊する為には、このサイクルに合わせて施術を繰り返す必要があります。
レーザー脱毛の施術が2ヶ月に1回程度のペースで行われ、完了までに平均的に6回程度の回数を必要とするのはこの為です。
レーザー脱毛を受ける際は、この点を頭に入れてスケジュールを組みましょう。