痛みについて


レーザー脱毛とは、メラニン色素に吸収される特性があるレーザーを照射する事で行っていく脱毛法です。
ムダ毛をなくしたい部分に照射をするとそこにある毛先からレーザーが吸収され、毛根を発熱させてます。
その熱により、毛根組織と毛乳頭を破壊し、毛穴の中に刺激を与えていきます。
それにより、毛が抜け、次にその毛穴から毛が生えてこないようにしていく方法です。
この毛根を発熱させる際、毛穴の中に火傷のような痛みが起きる事があります。
レーザー脱毛が痛いと言われるのは、この熱による痛みで、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みと表現される事が多いです。
ただ、最新型のレーザー脱毛のマシンは、冷却をしながら施術を行う仕組みになっている為、痛さを感じる事は少なくなってきています。
ただ、元々の肌がデリケートな部位等は、やはり痛いと感じる事もあります。
レーザー脱毛の効果の高さは分かっていても、痛みが不安という人は、最新型のマシンを使うクリニックを選ぶと良いでしょう。