安全性について


レーザー脱毛はメラニン色素に反応して発熱する光を毛穴に対して照射し、メラニン色素を多く含む毛母細胞を破壊して毛の再生能力を低下させる脱毛方法です。
レーザー脱毛の安全性について、これはメラニン色素で発熱するため、メラニン色素を含んでいる皮膚にもダメージがあります。そのため若干の痛みがありますが、耐えられないほどではありません。また、人の皮膚の厚さには個人差があり、それに合わせてレーザーの出力を調整する必要がありますが、調整を間違えた場合に火傷することがあります。日焼けなどで肌が黒くなっている場合にも火傷する危険性は高くなるため、レーザー脱毛を受ける前には日焼けを避ける必要があります。
レーザー脱毛は使用する装置の出力が高く、安全性を確保するため医師免許がなければ施術を行えないようになっています。そのため、万一施術によって肌トラブルが起きた場合でも、その場で治療の要否を判断して処置を行うことができます。しかし、治療しても色素沈着が起きることもあるため、肌トラブルを起こさないような評判の良い医療機関を選ぶのが適切です。