レーザー脱毛の仕組みについて


レーザー脱毛とは、脱毛方法では現在の主流である光脱毛に分類されます。
レーザー脱毛の仕組みは次のようなものです。メラニン色素に反応する特殊な光を使用し、毛穴を狙って照射を行います。毛を作り出す毛母細胞にはメラニン色素が多く含まれているため、光を受けることで発熱して破壊されます。これによって毛の再生能力が低下します。1回の施術では十分な効果を得られませんが、数回照射を行うことでほとんど再生しない状態になります。
レーザー脱毛はメラニン色素を利用する仕組みであるため、これが毛母細胞に多く含まれる毛周期の成長期後期に行うのが最も効果的です。退行期や休止期に照射しても意味はないため、毛周期に合わせて施術を行う必要があります。
また、皮膚にも影響があり、少し痛みがしますが、これを和らげるためのジェルなどを塗ることが多いです。皮膚へのダメージの蓄積を防ぎ、毛周期に合わせた施術をするため、次の施術まで1か月以上空けるのが一般的です。また、地黒の人や日焼けがある場合、ダメージが大きくなり、火傷の危険性があるため利用できないこともあります。