多汗症にも効果がある


レーザー脱毛が周知されるようになって意外な副産物が生まれました。
それが多汗症やワキガの症状の改善です。
レーザー脱毛のメカニズムでは、毛根細胞に含まれるメラニンにレーザーが反応し、レーザーによって細胞が破壊されることでムダ毛が抜け落ちるメカニズムです。
多汗症やわきがというのはその付近にある汗腺や臭いの発生源であるアポクリン腺が反応することによって汗や特有の嫌な臭いが発生していたのであります。
しかしながら、レーザー脱毛をすることによってその汗や臭いの伝達的な役割を担っていたムダ毛が存在しなくなることから、園においの発生が抑制されるのみならず、多汗症の症状を和らげるという副産物が生まれたのであります。
さて、このような状況か分かるように、女性の間でも急速にレーザー脱毛を受ける人が増えました。
ムダ毛のお手入れをする必要がなくなり、ファッションに制限をする必要もなく、さらには女の敵でもある体臭や汗を抑制できるためです。